乳液の手作り方法

乳液の口コミRANKING

乳液は材料をそろえれば自宅で簡単に手作りすることができます。

乳液TOP > 手作り方法

手作り乳液の魅力

『乳液は購入して使用するもの』というイメージが定着していますが、実際には自宅でも簡単に手作りすることができます。

もちろん、店で買ってきて使う方が手間ひまかからず便利ですが、数ある乳液の中には粗悪な原料を使っていたり、添加物などを配合しているものも少なくありません。

その点、手作り乳液は原料から自分で用意するので信頼性は抜群。また、無添加で作れるので、デリケートな敏感肌の方も安心して使うことができます。

さらに、自分の好みに応じてアレンジできるところも魅力のひとつ。自分で創意工夫すれば、世界にひとつのオリジナル乳液を作ることができます。

乳液の手作り方法

まず、乳液の基本的な手作り方法を紹介します。

用意する物は以下の通りです。

  • オイル(大さじ1)・・・ホホバオイルやマカデミアナッツオイルなどを使用します
  • 植物性乳化ワックス(小さじ1)
  • 精製水(60~100ml)・・・好みの硬さで調整します。水道水でもOK
  • 保湿剤(小さじ2)・・・植物性グリセリンやペタインなどを使用します
  • 精油(2~3滴)・・・ラベンダーなどお好みで使用します

手順1

オイルと植物性乳化ワックスを耐熱容器に入れ、湯煎にかけて混ぜ合わせます。

60~70℃くらいになるとワックスが溶けてくるので、オイルとよく混ぜましょう。

手順2

精製水を60~70℃くらいに温めたら、手順1の容器に少しずつ加えます。

この時、精製水を加えるたびによく混ぜ合わせるのがポイントです。

よく混ぜるとだんだん乳化し、とろみが出てくるので、保湿剤と精油を加えてさらに混ぜ合わせます。

手順3

できあがった乳液を保存ボトルに入れ、冷ましたら完成です。

冷蔵庫で保存し、2週間くらいで使い切りましょう。

手作り乳液の注意点

手作り乳液は簡単に作れる上、安心して使えるすぐれものですが、作る時はいくつか注意しなければならないことがあります。

まず、手作り乳液には保存料が配合されていないので、一度作ったら、早めに使い切ることが大切です。

具体的には2週間前後が目安となりますが、ハーブエクストラクトなどの天然保存料を加えれば、半年~1年と長期間使用できるようになります。

また、手作り乳液は自分好みの精油を使えるところが大きな魅力ですが、精油の種類によっては、紫外線に反応してかゆみや色素沈着を起こす『光毒性』を持っているものがあります。

たとえば、ベルガモットやグレープフルーツには光感作用があるので、これらの精油を加える場合は、紫外線を浴びる心配のない夜のみ使用するようにしましょう。

ナノエマルジョン【フェヴリナ】

オリーブオイルの約4倍のビタミンEを含む「アルガンオイル」配合!
www.favorina.com

コラリッチ

テレビCM放送中。初回もう1個 (約1ヶ月分)プレゼント!送料無料
www.kyusai.co.jp/

プロテクトバリアリッチ【マキアレイベル】

初回特別価格/美容成分でたっぷり潤う! 高保湿ジェルクリーム。全額返金保証
www.macchialb.com/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 乳液の口コミランキング※効果的な使い方はコチラ! All Rights Reserved.